TOP >> 文化書道・学童版:月間習字雑誌 >> 文化書道学童検定


文化書道学会の学童向け月刊習字雑誌

文化書道・学童版:文化書道学童検定

文化書道・学童版:月間習字雑誌

文化書道学童検定:ご家族へ

主旨

小学部と中学部に分け、小一から中三に国語科指導の内容に照らして、学童の文字・漢字の書写についてその書写意欲を増進し、合わせて書写能力を高める一方法として当会独自の規則により行うもので、書写技能の実力試験という意味の検定ではなく、段・級の表示も実力の程度を評価するものではありませんから、誤解のないようあらかじめおことわりしておきます。

審査

上の主旨にもとづき、書技の実力でなく練習努力を評価する審査を行いますから、検定を受ける回数が多いほど名目上の成績は上位になります。実力があっても検定の受け始めは下位からです。他の書道団体での成績を継続させることもいたしません。

課題

学年別漢字配当を考慮し、国語教科書などから字句を学童版編集部が選びます。ただしこの課題は講座テキストと違うものですから、書き良い文字を特に選ぶことはいたしません。書風は小学校書き方教科書や中学校習字教科書と合うように、形の整った正しいおだやかな字を書くよう務めています。

その他

小学部・中学部とも、成績が下がるようなことはありません。
幼児は受けられません。出しても無効です。


文化書道・学童版:お習字の心がまえ

学童版編集部選

  1. のびのびと、いきおいよく書こう

  2. つよく、げんきに書こう

  3. 正しく、うつくしく書こう

  4. 心をこめて、ていねいに書こう

  5. おちついて、静かに書こう

  6. 課題や手本をよく見て書こう

  7. 正しいしせいで書こう

  8. うでぜんたいで書こう

  9. すみをよくすろう

  10. ふでに、すみを正しくふくませよう

  11. ふでを立てて、いきいきと使おう

  12. 基本のれんしゅうを、ときどきしよう

  13. 字形・筆順・字の大きさ・配置を、おぼえよう

  14. 自分の短所(よく書けていないところ)を知ってなおそう

  15. ほかの人の作品を見たり、ひひょうを読み聞きしてまなぼう

  16. 清書のときは、自分の力で書こう

  17. 名まえまでしっかり書こう

  18. どうぐを、たいせつにしよう

  19. 先生や、ご家族の教えをよくまもろう

  20. いつでも最大の努力をはらおう


文化書道・学童版:月間習字雑誌


このページのTOPに戻る

  • 文化書道講座

  • 文化ペン字講座

  • 南画講座

  • 筆ペン倶楽部

  • 文化書道:入門編

  • 月間習字雑誌:文化書道・学童版

  • 全国小中学生書道競技会

  • livedoorデパート

  • 教室案内



Copyright(C) 代々木文化学園. All Right Reserved